月次アーカイブ: 11月 2015

女性と性交したい気分は強い、にも関わらず肝心の陰茎が自分の意思でコントロール出来ない、そういった症状は一般的にEDまたは勃起不全と呼ばれています。
かつては50代から60代以降の問題だと言われたEDですが、
ストレスが強い環境になった今日の環境下では、年齢や性的意欲の高低に関係なく、男性なら誰もが患う体調不良となりました。
既にその影響は各分野に現れており、
若年層の草食化、働き盛り世代のセックスレスや男性不妊が社会問題と化しました。

ただし、EDに対する対抗策も大変豊富になって来ました。
対抗策の中でも、特にED治療薬の利用は手軽です。
手軽ながらも、勃起力を取り戻せる確率が極めて高く、各製薬企業が提供するED治療薬を服用すれば、通院やカウンセリング等を必要としません。
ED治療薬は名前によって、効果と影響が違っています。
主に持久型と即効型、そして両方の性質を持つ中間型がありますので、ED治療を選ぶ際は商品の名前に注意しましょう。

セックスの予定が常日頃から不定期という方は、
服用後数十分でみなぎる勃起力が得られる即効型が適しています。
対して土曜日から日曜日にかけて必ずセックスする予定がある夫婦は、週末の性生活全体を助けてくれる持久型が正解です。
また中間型のED治療薬は名前がややマイナーですが、
いわゆる食事の影響を受けにくいため、薬を自由な時間帯で使える手軽さがあります。
中間型のED治療薬と言えども、速攻性は極めて力強く、
若い男性であれば60分の間に、鉄の棒のような陰茎が得られます。

また、ED治療薬の世界には続々と費用の安い後発品が揃ってきていますので、新薬に拘らない方であればジェネリックを検討してみるのもオススメです。