月次アーカイブ: 9月 2015

シアリスは勃起不全を効果的に改善できる治療薬です。しかし、この薬が効きすぎてしまうと、胃の痛みなど、何らかの内臓への症状を発症するケースが有ります。
シアリスの場合は重篤な副作用が出ない事が大きなメリットとなっていますが、胃炎などの症状を発症するケースが見受けられるので、このような症状をシアリスの服用後に確認した場合は、胃腸科などの診療科目で詳しく検査してもらわなければなりません。
シアリスの影響による胃の炎症は薬剤性のもので、この薬剤に含まれる固有の成分が関係しています。シアリスには、勃起の機能をサポートする血流改善効果がありますが、このほかにも解熱効果のある成分が含まれており、この薬効が原因で胃炎を発症するケースが稀に見受けられます。
この理由としては、胃の粘膜の血流が急激に促進され、その結果胃腸の不調につながる傾向があり、これらの症状を長期的に放置してしまう事で、出血性の胃潰瘍などの原因ともなるので注意が必要とされるのです。
とりわけ、消化器系の臓器に何らかの疾患があったり、これらの疾患で既往症のある方の場合には、事前に精密検査を行い、この薬剤に適応できるかどうかを検討することが必要とされます。
シアリスを服用する事で、胃腸に支障を来たすケースとしては、胃の粘膜の状態が大きく関係してくる事から、内視鏡などの検査を行うことも想定しておかなければなりません。この精密検査により、胃の粘膜の状態を詳しく観察することで、シアリスの服用に耐える事が出来るかどうかを、医師が判断します。
そのため、この勃起の機能をサポートする薬剤を服用する際には、胃腸科などでの検査も視野に入れた上で、利用を開始する事が求められます。