尿毒症とシアリスの関係性

腎臓に障害があると、ED(勃起障害)になりやすくなると言われています。慢性腎不全患者のうち、約7割がEDの症状を抱えていると言われています。
腎臓の障害の一つとして、尿毒症があります。腎臓は老廃物をこしとって尿に溶け込ませて体外に排出させる役割を持っていますが、腎臓が正常に働かないと、老廃物が体内に残ってしまいます。この状態を尿毒症と呼びます。
腎機能が50%以下になると夜間頻尿や貧血、腎機能が10%以下にまで低下してしまうと尿毒症が出てくる確率が高くなります。
尿毒症の対処療法には、人工透析が行われます。定期的に体内の血液をろ過することで老廃物を排出させ、体内の電解質や水分のバランスを整えます。人工透析の装置が腎臓の代わりになるということです。
人工透析を受けているような慢性腎不全患者には、EDの人が多いです。男性ホルモン「テストステロン」はほとんどが精巣で作られますが、一部は副腎(腎臓の上部)で作られます。そのため、腎不全になるとテストステロンの分泌量が低下して、EDになりやすくなると考えられています。
また、腎不全だと性欲喪失に関わる「プロラクチン」というホルモンが大量に分泌されてしまうため、EDになりやすくなります。
「テストステロン」が減って性欲が減退し、「プロラクチン」が増えて性欲が失われる、という二重苦です。
これを改善させるためにED治療薬を使うという方法もありますが、シアリスを服用できるのは、腎不全ではあっても人工透析を受けるレベルにまでは達していない人です。透析を受けるまでに悪化していれば、シアリスは使えません。治療薬の中で使えるのは、バイアグラのみになります。
他には、陰茎に直接自己注射する「ICI(陰茎海綿体注射)」や「VCDカンキ(陰圧式勃起補助器具)」などを使った治療法も腎臓の機能に関係なく行うことが可能です。